がつく前にをつける とは
差がつく前に差をつけるとは

学力の差は、時間の差!

いち早いスタートで、楽しく学習に取り組み、
大きな差を生み出します!

1.なぜ、「読み」「書き」が大切なの?
  文字は、他人に情報を伝えるためにあります。文字が集まってできた文章を読むということは、書き手が伝えたいことを知ることです。だから、相手の考えを知るために正しく文章を読み、相手に伝えるために正しく文字を書くことは、すべての基本であり、とても大切なことです。
2.なぜ、「きれいな字を書く」必要があるの?
  中学入試、そして大学入試でも記述式問題の出題が増えています。
  さて、採点者に答えを伝えるための試験の解答。ていねいに書かれたきれいな字と雑に書かれたきたない字、どちらの印象がいいか、明らかでしょう。今のうちからきちんと練習をすれば、きれいな字は誰でも書けるようになります。また、算数においても、自分で書いた数字の読み間違いで、計算ミス=失点する子どもたちがいかに多いかご存知ですか。1と7、0と6など、もう少しきれいに数字を書けば防げるミスです。
3.なぜ、今から「英語」なの?
  子どもたちが活躍する社会を想像すると、コミュニケーションの道具として「英語」を話せることは最低限必要なことでしょう。指導要領の改訂に伴い2020年からは小学5・6年生の「英語」が算数、国語のように正式教科となり、小学3・4年生にも今小学5・6年生に行われている「外国語活動」教育が導入されます。
  日本で生まれ育つと母語として日本語は自然と身につきますが、英語が自然に身につくことはあり得ません。日本語にはアイウエオの5音しか母音がありませんが、英語には20を超える母音があります。一般的にそれらの母音を区別する能力は、幼少期にしか身につかないと言われています。

※それぞれの詳細はタッチで確認できます

対象 新小学1年生(現年長生)
受講料 ・2教科(国・算)
    8,800円+税
・3教科(国・算・英)
    13,200円+税
※全16回計、教材費込
授業 ・120分(算数・国語・英語 各40分)×週1回
・10月から1月まで
・全12回
※校舎により実施日が異なります。詳しくはご希望の校舎にお問い合わせください。
開催校舎 松山市駅教室

国語

美しい文字で、作文を書く!

  文字を正確にきれいに書くことは不可欠です。図形的な視点でひらがな、漢字を正しく覚えることを意識しながら、きれいに書けるように指導します。さらに、この時期の子どもたちに知っておいてほしい「語彙」を学び、「読解力」を鍛え、「ことわざ」などの指導を通して、日本語の持つ豊かな表現力を身につけます。そして「作文」という形で相手に伝わる文章を書けるようにします。

教材見本

算数

スタートダッシュでNo.1を目指す!

  算数を学ぶにあたり先ず大事なことは、数の意味、個数や順番の表し方、数の大小比較など、「数についての感覚」をしっかり身につけることです。これに続き、たし算・ひき算の計算を指導し、小学2年生で学ぶ「かけ算の基本概念」の理解、「九九の暗記」までを目指します。さらに、いろいろな図形の問題で、楽しく「空間認知能力」をトレーニングします。

教材見本

英語

英語を英語で学ぶ!

  四谷大塚の英語のレッスンは、ネイティブ講師がセサミストリートのオリジナル教材で、楽しく指導します。教室には日本人アシスタント講師も入りますので、はじめて英語にふれるお子さまも〈安心〉してレッスンを受講できます。音に敏感なこの時期に、正確な英語の音に触れ、自然に英語を聞き取り、真似して発音することで、本物の英語を身につけます。

 

ホームワーク

学習する「くせ」を身につける!

  お子さまが小学校に入学し、高い学力を身につけていくとしたら、本当に大事なことは「努力」を続けることです。“三日坊主”ということばがあるように、努力を続けることはとても大変です。初めて学ぶ今だからこそ、学習という努力をする「くせ」=習慣をつけることが大事です。そのためには、やはり週1回の塾の指導では難しく、ご家庭で毎日10分程度、楽しく学ぶことも必要です。お子さまが1人でも楽しく、学ぶことに興味を持って毎日コツコツと続けられる家庭自習用教材、それが『ホームワーク』です。

教材見本